スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の出走愛馬

2012年04月28日 13:57

・ディアデラバンデラ
28日(土) 福島10R ひめさゆり賞 芝1800m 56鮫島

・カルドブレッサ
28日(土) 京都11R 下鴨S 芝2000m 57福永

・タイキブルース
29日(日) 京都7R 4歳上500万下 ダ1400m 57浜中


今週は3頭の出走。
どれも勝負できそうな馬ばかりなので期待したいですね。
先週のネクタルに続いて2週連続愛馬勝利で今後の波に乗りたいところです。

ネクタル

2012年04月22日 15:03

4/22  岡田厩舎
22日の京都競馬では優勝。「スタートから出して行ったぶん馬は行く気になっていたんだけど、レースを教えるためにも敢えて1~2コーナーぐらいまで抑え込みました。前半で行きたがった分最後は思ったほど伸びなかったけれど、今後のことを考えてしっかり我慢させたことが次に活きてくるはず。重賞でもヒケを取らない能力の馬だから、しっかり育てていきたいですね」(岩田騎手)

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。

スタートも良く、2コーナーの出口付近でネクタルが映った時に少し手綱を引っ張っている姿があったので引っ掛かり気味かな?と思ったのですが、レースを教え込んでいたようですね。
今回のコメントだと当分は岩田JKで固定のような感じですし、重賞の話が出てきたってことは・・・好走期待します。

アンコイルド

2012年04月21日 15:05

3歳未勝利 結果2着
蛯名正義騎手「非常に良い走りをする馬ですね。開幕週ということもあり、前々でレースを進めて、直線では上手く抜け出せたので、一瞬勝ったと思ったのですが…。今日のところは相手の切れ味が一枚上でした。距離は、更に伸びても大丈夫な感じですし、次はこの馬の番だと思いますよ」
矢作芳人調教師「やはり、一度レースに使った事で、今回はきっちり変わり身を見せてくれましたね。欲をいえば、もう少し馬体重を絞れれば良かったのでしょうが、それでも初戦から比べると身の入り方が違いましたね。この後は、優先出走権がある内に、きっちりとレースを見定めて使いたいと思います。次こそ勝てる手応えはありますよ」

※愛馬近況情報は(株)大樹レーシングクラブより転載許可を得た上でTEAM TAIKI WEBより抜粋しております。

uncoiled01.jpg
(12年4月21日 東京競馬場にて)

前走の結果を着順だけ見れば意外と人気にはなっていましたね。
ただ、前走の内容を見れば今回は勝ち負けまでいけるんじゃないかとは思っていました。
ホントよく折り合いのつく馬ですね、パドックでも非常に落ち着いていました。
ムラのない性格なので次走は勝ち上がってくれると願っています。
今日はパドックで矢作先生の姿も見えました。
勝負が掛かっていたということだったんでしょうかね・・・。

今週の出走愛馬

2012年04月20日 16:18

・アンコイルド
21日(土) 東京5R 3歳未勝利 芝2000m 56蛯名

・ネクタル
22日(日) 京都7R 3歳500万下 ダ1800m 56岩田


今週は2週間ぶりに2頭が出走。
アンコイルドは急遽東京に参戦・・・矢作先生らしいでしょうかw
前走でも着順は悪いにせよ最後は見所あるところを見せてくれましたし、今回はスムーズに競馬が出来れば面白い結果になるんじゃないかと思っています。
広い東京コースもプラスになるんじゃないかと思っていますしね。
ネクタルは前走惜しい競馬をしているので今回も勝ち負けは必死ですかね。
この時期に勝ち上がっておけば少し楽して夏のレパードSとか選択肢が増えそうですからその為にも結果出してもらいたいものですね。

キャロットC 現役愛馬近況

2012年04月20日 16:04

カルドブレッサ 4/19  吉田厩舎
18日、19日は軽めの調整を行いました。「この中間は日曜日にCWコースで併せてサッと時計を出し、水曜日に坂路で終い15秒ぐらいのところを乗っています。今朝は軽めに留め、明日か週末かにまた時計を出す予定です。ここまでは予定どおりの調教を順調にこなしてくれていますし、引き続き雰囲気はいいですよ。中間の気配次第では今週の可能性もゼロではありませんでしたし、念のため特別登録をさせてもらいましたが、当初の狙い通り来週の京都に向かいます。前走を見てもこのクラスを卒業するのにそう時間はかからないだろうという手応えがありますし、しっかりと仕上げて送り出したいと思います」(福島助手)28日の京都競馬(下鴨S・芝2000m)に福永騎手で出走を予定しています。

レックスパレード 4/17  NFしがらき
周回コースで軽めの調整を行っています。「なかなか硬さが抜けてこないので、再度馬体のチェックを行いました。どうも左前脚の蹄が痛むようなので、蹄鉄を外して様子を見ています。大きな問題ではなさそうですが、慎重に蹄を整え、装蹄などでケアをしていきます。馬体重は544キロです」(NFしがらき担当者)

エースドライバー 4/18  NF天栄
18日にNF天栄へ放牧に出ました。「先週末に出た蕁麻疹の経過を観察しているところですが、治療の甲斐もあって発症した当初よりは緩和してきています。ただし、内臓面から疲れが表面上に出ているわけですし、このままごまかしながら進めていっても体力的、精神的に前進するのは難しいでしょう。そう考えるとここはダラダラやるよりしっかりリセットさせてからのほうがよりいい状態で次走へ向かえますから、放牧に出します。本日天栄へ出しましたので、場所が変わることで再度出たりしないかをよく見てもらって、経過を見ながら調整を行ってもらうつもりです」(鹿戸雄師)

ディアデラバンデラ 4/18  角居厩舎
18日は栗東坂路で追い切りました(54秒5-39秒7-25秒7-13秒1)。「気性面はこの馬なりと言ったところで変わらず推移していますし、来週の競馬に向けての調整を進めていますが、コンスタントに使って来ているせいもあるのかいくらか体を細く見せるようになっています。もちろん競馬にへ向かえる状態ではありますが、今回は福島への遠征になりますし、極端に減り過ぎるのは決してプラスではないでしょうから、コースよりも負担が少ない坂路を中心に調整を行っています。馬体を考えて週末は速いところを行わずに、来週にサラッと時計を出すことを考えていますが、レースを使って来ている分それでも十分に態勢は整ってくれると思います」(清山助手)28日の福島競馬(ひめさゆり賞・芝1800m)に鮫島騎手で出走を予定しています。

ネクタル 4/18  岡田厩舎
18日は栗東Pコースで追い切りました。「この中間、ウッドチップにこすれたのかクモズレ(トモ脚の皮膚荒れ)が見られるようになったので、今朝はPコースで併せて追い切りました。馬なり程度ですが、相手を追走して直線馬体を並べてゴールといい内容の追い切りができましたよ。まだ出がけの一歩目などは歩様の硬さを感じますが、プールでしっかり体を解していますし、どこかに異常を感じるということはありません。一頓挫はありましたが、幸い大きなブランクはなく調整を続けられて、思っていたよりも順調なぐらい。前走の内容からはもちろん、能力的にもここはなんとか勝ってもらいたいところです」(岡田師)22日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に岩田騎手で出走いたします。

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。

大樹RC 現役愛馬近況

2012年04月20日 15:58

タイキジャガー 2012/4/19 - 04/18 助手  美南P 良 5F         65.5-51.0-37.5-12.2 4 強目に追う

伊藤圭三調教師
「今週も変わらず、軽めメニュー中心の調整を行なっています。馬の状態も変わらず良く、レースを使える状態にありましたので、急遽21日(土)東京・ダート1600mのレースに登録を行いましたが、残念ながら除外されてしまいました。今後に関してですが色々と考えた結果、一度障害の練習を行わせる事にしました。といっても、本格的な障害練習ではなく、まずは軽く飛越の練習などを行い、それと並行して平場の調教を行う事で、障害と平場のレースを両睨みで調整していく予定です。早速、明日から飛越とコースでの追い切りの両メニューを始め、状況によって随時調教内容やレース登録は決めていきます」

ラパリーガ 2012/4/19 - 04/18 助手  美南W 重                   42.9-14.7   馬なり余力

黒岩陽一調教師
「今週から軽めメニューでの調整を再開しています。18(水)には、障害練習以外では初めてとなる、ウッドチップコースでの追い切りを行いました。3Fのみの軽めでしたが、良いペースで走れていましたね。体調面でも馬体が増えて身体を大きく見せていて、元気そのものです。ただ、昨日の追い切り時に、左目に小さな外傷が出来てしまいましたので、本日の追い切りを取り止め、今週末に延期する事になりました。申し訳ありません。ですが、幸い症状は軽いもので、すぐに完治出来そうですし、今後に大きな影響を及ぼす事はないと思われます。この後は、第2回東京開催中のレース出走を目標に、このまま傷の状態を確認しながら進めていきます」

★次走は5/5(土)東京・4歳以上障害未勝利(ダ3000m)を予定。

タイキブルース 2012/4/19 - 04/14 助手  栗東P 良 半哩           57.3-42.1-14.5 7 馬なり余力
04/19 花田  栗CW 良 6F      85.9-69.7-53.8-39.1-13.1 6 追って一杯

高橋義忠調教師
「今週も変わらず、ウッドチップコースで馬なり中心の軽めメニューで調整していますが、今日は次走に向けて、花田大昂騎手が跨り追い切りを行いました。馬場に入った時は行きたがる素振りこそ見せたものの、すぐに折り合いもついて終いまでしっかりとした伸び脚でしたね。ただ、騎乗した騎手からは『まだ息遣いが本当ではないですね』との話でしたので、今週末からは乗り込みと調教量を増やし、馬体を絞りながら来週のレースに備え調整します」

★次走は4/29(日)京都・4歳以上500万以下(ダ1400m)を予定。

タイキソレイユ 2012/4/16 - 栃木県・ビクトリーホースランチ那須分場担当者
「先週も引き続き、疲れを取る事を最優先にしていましたので、ダク3000m、ハッキング3000m、坂路1本を20-20の軽めメニューに留めていました。まだ少し疲れの色が見えますので、今週中ごろまではこのままのメニューで進めます。減っていた馬体はかなり戻りつつあり、こちらに来た当初から見ると、随分回復しました。また、先週には作田誠二調教師がお見えになり状態を確認されましたが、帰厩については速い時計での調教を開始し始めてから、具体的な日程を決める事になりましたので、引き続き体調面でのケアを怠らず、様子を見ながら進めていきます」

アンコイルド 2012/4/19 - 04/18 助手  栗東坂良(1回)         55.1-39.9-26.1-13.1   一杯に追う(グランプリブラッド一杯に0.3秒先行首先着)

★4/21(土)東京・3歳未勝利(芝2000m)に蛯名正義騎手で出走。

矢作芳人調教師
「この中間は坂路中心のメニューで調教を進めており、昨日は同じく坂路で、併せ馬の追い切りを行いました。調教の動きも良く、身体も随分しっかりとしてきましたね。跨ったスタッフが皆声を揃えて『これは走る馬だ』と言っており、どんどん評価を高めています。そして、今週の動きや体調面を考慮した上で、東京開催のレースであれば間隔を空けなくても出走出来るとの判断から、急遽21日(土)のレースに登録しました。状態面や調教の具合を見ていても、デビュー戦の時より良くなっていますし、大きな変わり身が期待できそうです」

※愛馬近況情報は(株)大樹レーシングクラブより転載許可を得た上でTEAM TAIKI WEBより抜粋しております。

キャロットC 現役愛馬近況

2012年04月13日 06:57

カルドブレッサ 4/11  吉田厩舎
11日は栗東坂路で追い切りました(52秒5-39秒1-26秒2-13秒6)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。大きく先行した相手を追いかける形だったので、前半から行かせた分最後は時計がかかりましたが、しっかり先着してくれましたからね。4ハロン52秒5という時計もいいですし、好調キープと見ていいでしょう。このクラス2走目になりますし、十分通用することも分かっていますから、しっかりと調整して万全の状態に持っていきたいと思っています」(吉田師)28日の京都競馬(下鴨S・芝2000m)に福永騎手で出走を予定しています。

レックスパレード 4/10  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き馬体を解しつつ、ゆったりと乗り込みを続けています。この馬に長く関わっているスタッフが乗っていますが、まだピッチを上げていくには時期が早いという判断です。無理に進めず、まずは硬さを解消していくことを考えて進めていきます」(NFしがらき担当者)

エースドライバー 4/11  鹿戸雄厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「先週は結果はもうひとつになってしまいましたが、内容はいくらか前進が見られたような気がします。宏司と改めて話をしましたが、ハミを噛んでいるとは言ってもコントロールが難しくなるような引っかかり方をしているわけではなく、その場で力みながら走ってエネルギーを使っているような感じだったとのことでした。ただ、まわりに気を使っていたりしてはいなかったし、発汗もそれほどなかった。終いも少し脚を使えていましたし、ここ最近のレースよりは前進が見られたのではないかなと思います。先週のような競馬を続けて教えていければ道が拓けそうということを宏司も言っていたし、ジョッキーに拘って使った意味もあったと思います。今週の想定を見ると各場とも混雑している状況。ダートへ矛先を向けるのもひとつの手ではあるのでしょうが、可能ならば流れを大事にしたほうがより内容の前進は図りやすいでしょう。もちろんしばらくの間使えないとなると機会を逃すことにもなりますから再考しますが、ハナから芝の選択肢を切るのではなく、芝の可能性を見出せそうな状況で調整をして、それでもダメそうならばダートも含めて検討するという考え方で行かせてください。出馬状況と馬の状態を今週一杯見てからですが、あまりにも長引きそうならば短期放牧に出して次の東京の後半あたりを視野に調整を行うことを考えています」(鹿戸雄師)

ディアデラバンデラ 4/11  角居厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。最後は遅れましたが、相手を大きく追走してのものですし、動き自体は良かったと思います。小回りコースで先行させるような競馬をしながら、走りを覚えていく段階と思って、次走は福島の特別に決まりました。ジョッキーについては何人か候補を絞りましたが、普段から調教に乗ってくれるという条件で鮫島騎手にお願いしました。輸送もあるので、中間はしっかりと体をふっくらさせながら調整を進めていきます」(吉岡助手)28日の福島競馬(ひめさゆり賞・芝1800m)に鮫島騎手で出走を予定しています。

ネクタル 4/11  岡田厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「左前脚の熱感はやはり皮膚の炎症だったようで、すでに腫れも治まっています。出がけの歩様はやや硬さがあるものの、これは元々気をつけていたところですし、問題のない程度。今朝も坂路で64秒ぐらいのところを乗りましたが、前走の前と変わらないいいフットワークでした。これならこのまま次走に向けて進めていっても大丈夫でしょう。今のところ、京都の開幕週を予定しています」(岡田師)22日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に岩田騎手で出走を予定しています。

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。

大樹RC 現役愛馬近況

2012年04月13日 06:45

タイキジャガー 2012/4/12 - 伊藤圭三調教師
「先週末のレース後も、特にダメージはなく、今週から早速馬場入りをして、軽い乗り運動を再開しています。この歳にもなると、急な体調の変化やテンションの振り幅もなく、落ち着いていますね。この後は、すぐに速い調教を始める事が出来ると思いますが、疲れの具合や馬体の様子を見ながら、今週はこのまま軽めのメニューで調整を続け、状態を確認しながら次走については決める予定です」

ラパリーガ 2012/4/12 -
04/11 山本康 美北障 良 111.5-52.0-39.0-13.2 3 強目に追う(ヒシセンチュリー一杯の内同入)

黒岩陽一調教師
「打撲の症状はすぐ良くなり、先週末から引き続き障害練習を再開しました。この中間も順調で昨日、当初の予定通り障害試験を受験し無事に合格致しました。何事もなくここまで来ましたが、ひとまず今週一杯は楽をさせるつもりでいます。一段落したところで、急に調子を崩す馬も多くいますので、そうなる前に一度ゆっくりさせる事でガス抜きをして、また来週から調教を始めていき、状態を見ながら次走については考えます」

タイキブルース 2012/4/12 - 高橋義忠調教師
「この中間は連日ウッドチップコースにて、馬なり中心の軽めメニューで調整しています。幸いその後の経過も良好で、すぐにしっかりとした調教メニューを再開できましたので、心配ないでしょう。体調面で気になるところもなく、飼い葉食いも旺盛です。馬体面でも毛づやが良く、身体がパンと張っていますね。今はまさに好調といったところではないでしょうか。今後については、予定通り1週スライドして29日(日)の京都開催を目標に、引き続き調整を行います」

★次走は4/29(日)京都・4歳以上500万以下(ダ1400m)を予定。

タイキソレイユ 2012/4/09 - 栃木県・ビクトリーホースランチ那須分場担当者
「先々週一杯は、軽めのメニューに留めていましたが、やはりまだ疲れが抜けきっていない様で、ダク3000m、ハッキング3000mのみの軽めメニューに留めています。除外などもあり予定が狂った中でも、出走に向けて緩める事なく調教せざるを得なかった為でしょう。主に背中と腰に疲れが見えますので、そこを集中的にケアしながら、引き続きこのままのメニューで様子を見ていきます。今週中に一度、作田誠二調教師が来場され状態を確認される予定ですので、今後のメニューは馬の状態を見ながら、調教師と密に連絡を取りながら進めていきます」

アンコイルド 2012/4/12 - 矢作芳人調教師
「先週のレース後は、多少背中に疲れは見えるものの、この程度の疲れはレースが終わった後には普通にあるレベルのものですので、心配ないでしょう。その他には気になる点も見られませんので、早速昨日から坂路17-17程度の軽めメニューの調教を再開しています。デビュー戦では様々な要因が重なって、良い競馬をお見せする事は出来ませんでしたが、本当に馬が良くなってくるのはまだまだこれからです。今後についてですが、、まずは疲れを取りながらの調教ですので、次走に関しては今のところ決めていませんが、このまま体重を少し絞ってから調教の動きなどを確認し、メドが立ち次第そのタイミングで決めようと思います」

※愛馬近況情報は(株)大樹レーシングクラブより転載許可を得た上でTEAM TAIKI WEBより抜粋しております。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。