スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レックスパレード

2012年02月19日 21:55

19日の東京競馬では積極的にハナを奪い逃げる展開に。直線では最後まで粘り強い走りも、中団で脚を溜めた勝ち馬に交わされてしまい2着。「あまり緩め過ぎないように適度なペースでリズム良く行けましたし、もう少しだっただけに悔しいですね。道中、直線とずっと左手前のままでしたし、そこが上手く替えられば良かったのですが、言い方を変えればそれでいてこれだけやれるのですから、やはり能力が高い馬ですね。以前よりも脚捌きの硬さを感じませんでしたし、馬体も太いと言うよりパワーアップしていたように思いますね」(松岡騎手)「休み明けの競馬でしたし大きく体は増えていましたが、極端に太いという印象はありませんでしたし、動ける態勢にあったと思います。また、ジョッキーが言っていったように成長分もあるでしょう。レースでは上手く手前を替えてくれませんでしたが、調教ではこれほどのことはないですし、脚捌きの硬さも以前と比べればましになってきていると思います。もちろんレースとなればかかる負荷が違いますし、負担のかかりやすい脚元の影響がないとは言い切れませんから、引き続きしっかりと見ていきたいと思います。一度競馬を使ったことで息持ちはさらに良くなるでしょうし、問題がなければ続戦したいですね」

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。

今回もスタートを決め、いい形で単騎逃げに持ち込んだのですが・・・以前からも手前を替えなかったような事を言っていましたので、そこらへんの対策をしてもらいたいところですね。
今回も前走と同じようなレースとなってしまいましたが、馬体もパワーアップしているようですし、そろそろ1000万条件を楽に卒業できるようなレースをしてもらいたいです・・・今後、昇級した時のためにも。

rexparede.jpg

(12年2月19日 東京競馬場にて)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://axle.blog17.fc2.com/tb.php/499-454a2d79
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。