スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大樹RC 現役愛馬近況

2012年02月01日 20:52

タイキジャガー 2012/1/30 - 先週末の出走結果
まずまずのスタートより控えて、道中は中団後方外目の10番手を追走。3コーナー過ぎより徐々に進出し、4コーナーでは6番手の好位につけ、前を射程圏に。直線に入り追い出しジリジリと伸びるものの、前との差をなかなか詰めることが出来ず、結果7着での入線。

後藤浩輝騎手「展開ひとつですけどね。今日のように脚抜きの良い馬場よりも、力の要るパサパサの馬場の方が良かったですし、道中のペースも、もう少し速くなってくれれば、末脚を活かしやすかったのですが…」

伊藤圭三調教師「道中のペースが落ち着いてしまったので、後藤騎手も、いつもよりワンテンポ早く動かざるを得なかったのでしょう、最後の一伸びを欠いてしまいました。具合も良く、巻き返しを期待していただけに残念です。優先出走権がありませんが、出来ればもう一度東京開催のダ1400~1600m戦を使いたいと思います」

ラパリーガ 2012/1/30 - 栗東近郊・グリーンウッド・トレーニング担当者
「先週もポリトラックコースで普通キャンター2000mと、坂路で普通キャンター18-16というメニューです。肩周りのケアに重点を置きながらの調整ですが、状態は徐々に良くなっています。時期的に小倉開催には間に合わないので、3/3(土)からの中京開催での復帰に目標を切り替えましょう」

タイキブルース 2012/1/30 - ★1/27(金)に京都府の宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出ています。

京都府・宇治田原優駿ステーブル担当者
「長期休み明けのレースを使った後ですが、その反動やダメージはなさそうです。今週からトラックコースで24-18秒ぐらいのキャンター1800-2400mと、800mの坂路を1本というメニューで調整していこうと思っています」

タイキソレイユ 2012/1/26 - 作田誠二調教師
「前走は砂を被って頭を上げるシーンがありましたが、ラストはそれなりに脚を使ってくれました。実戦を経験したことで、競馬というものを理解してくれたと思いますし、次走は変わり身を見せてくれるでしょう。レース後も体調や脚元に問題はありませんので、このまま厩舎で調整、続戦します。ただ、優先出走権を持っていませんので、次走に関しては全くの未定。なるべく牝馬限定戦を使いたいと思っていますが、今後の番組を見るとマイル前後の牝馬限定戦が芝のレースにもダート戦にもない状況です。毎週の想定表と出走状況を把握しながら、芝・ダート両睨みで目標を定めていきましょう」

アンコイルド 2012/1/30 - 京都府・宇治田原優駿ステーブル担当者
「27日(金)に両前脚の骨瘤に2度目のショックウェーブ治療を行ないました。だいぶ痛みは和らいできたようですが、完治まではもう少しといった状況ですね。緩めず調教は進めていて、トラックで普通キャンター1600-2400mと坂路で18-18を1本、毎日乗り込んでいます。矢作芳人調教師からは『骨瘤が治まり次第、すぐ帰厩させる』と言われています」

※愛馬近況情報は(株)大樹レーシングクラブより転載許可を得た上でTEAM TAIKI WEBより抜粋しております。

タイキジャガーはもう一度東京使いたいとのこと・・・出来れば次走はダ1400m戦で使って欲しいですね。
ラパリーガもタイキブルースは3月の競馬に使えるように調整されるようです。
タイキソレイユは在厩で調整を行い次走に備えるようですが、どこ使うか全くの白紙のようで・・・新馬戦の感じだとダート戦である程度勝負になりそうなので引き続きダート戦で出走してもらいたいですね。
アンコイルドは骨瘤が治まり次第すぐ帰厩という話ですね・・・体の方も緩めていないようですし、すでにゲート試験も合格してますから帰厩すればすぐにデビュー戦に向けての調整になると思います。 矢作師の評価も高いようですし、デビュー戦は楽しみですね。

taikijaguar3.jpg
(タイキジャガー 1月28日 東京競馬場)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://axle.blog17.fc2.com/tb.php/477-682a55cd
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。