スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビヨンドマイリーチ

2009年06月16日 16:25

・ビヨンドマイリーチ

腫れの見られた左トモ脚の検査を行ったところ、重度の繋靭帯炎を発症していることがわかりました。「競馬が終わって週末にこちらに帰ってきました。左トモの中筋に腫れがあるということでしたので、移動後少し様子を見た上で検査を行いました。レントゲン検査は問題なかったものの、エコー検査を行ったところ、広範囲で靭帯を損傷していることがわかりました。一番大きいところでは50%以上のダメージを負っています。前脚の靭帯炎はよくあることなのですが、後肢の繋靭帯炎は稀で、回復も時間がかなりかかると思われます。現状を考えると厳しいと言わざるを得ません。能力の高さを感じていただけに、何とか勝たせてあげたかったのですが、非常に残念です」(GW担当者)脚元の状態を元に協議を行った結果、現役続行を断念し、近日中に中央競馬登録を抹消することになりました。同馬に出資されています会員の方へは追ってお手紙をもちましてご案内いたします。



ビヨンドマイリーチ

前回の近況で脚元が腫れたと言う話があって嫌な予感がしたのですが、的中してしまいました。
キャロット馬3歳勢最初の引退馬となってしまいました。

こればっかりは仕方ないと思うのですが、少々無理使いが過ぎたのでしょうかね。
結局、関東に来ることはなかったのですが、関西でウチパクが騎乗した4着が最上位でしたね。
思いのほか切れ味のある馬で期待はしたのですが…脚元の弱さが最後まで影響してしまいました。

いろんな掲示板とかで「この馬は走らない」と言われて、正直見返せるかな?という淡い期待はあったのですが、現実は厳しいものです。

これからもし烈を極める3歳サバイバル戦。
こういった状況は何頭も見られると思いますが、一頭でも多く勝ち上がって欲しいと願うばかりです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://axle.blog17.fc2.com/tb.php/410-7e90fc83
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。