スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアル。。。ともに強い内容

2007年09月18日 14:56

今週は東西ともに菊花賞TR「セントライト記念」、秋華賞TR「ローズステークス」が行われまして、ともに前評判が高かったロックドゥカンブ、ダイワスカーレットが快勝しました。

セントライト記念のロックドゥカンブは距離延長となる菊花賞も問題ないとの陣営のコメント。
まぁ、個人的には上手くいきすぎたかなぁ~、と思えるレース展開でもうちょっともまれた競馬になったらどうなるんだろうという「楽しみ」もありますがw
菊は案外と2着のゴールデンダリアが面白いかもですね。

ローズSはダイワスカーレットが逃げ切り勝ちと貫禄を見せ付けてくれました。
ベッラレイア騎乗の武は「勝てない相手じゃない」と言っていたそうですが、この内容を見ちゃうとこの2頭にも思いのほか差があるんじゃないかと思います。
伊達に後のダービー馬を破っただけの馬ではありますね。

月曜には札幌でエルムステークスが行われて、メイショウトウコンが快勝してましたね。
まぁ、あまり捻らないで考えたら唯一、古馬のダート重賞勝っている馬ですからこの勝ち方にも疑問は無かったですね。
ロングプライドは最後は伸びてきたものの、2着のマコトスパルビエロにわずかに届かず3着でした。
まぁ、まだ3歳といえばそれまでですが、もうちょっと走ってもおかしく無かったんじゃないかというのが率直な感想です。




ゴールデンダリア(プリンシパルS出走時)
セントライト記念2着馬:ゴールデンダリア
美浦・二ノ宮厩舎
父:フジキセキ
母:ナイストレビアン(母父:ノーザンテースト)


ダイワスカーレット(桜花賞出走時)
ローズS勝ち馬:ダイワスカーレット
栗東:松田国厩舎
父:アグネスタキオン
母:スカーレットブーケ(母父:ノーザンテースト)


メイショウトウコン(フェブラリーS出走時)
エルムS勝ち馬:メイショウトウコン
栗東・安田伊厩舎
父:マヤノトップガン
母:ルナースフィア(母父:ジェイドロバリー)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://axle.blog17.fc2.com/tb.php/162-3481b971
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。