スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋最初のGⅠ スプリンターズS

2007年09月30日 21:39

今日は疲れたので簡単に^^;

個人的に思ったことは馬場が渋っていると逃げ馬が強いですね。。。

3年前はカルストンライトオ、昨年はテイクオーバーターゲット。。。
ともに雨のスプリンターズを制したのは逃げ馬でした。

今年もなんとなくそんな印象が強かった。

雨のスプリンターズは逃げを狙え!
そんな言葉が来年以降聞こえてきそうです。



アストンマーチャン
スプリンターズステークス勝ち馬:アストンマーチャン
栗東・石坂厩舎
父:アドマイヤコジーン
母:ラスリングカプス(母父:ウッドマン)


ドラゴンファイヤー(3月17日中山500万下出走時)
シリウスステークス勝ち馬:ドラゴンファイヤー
美浦・久保田厩舎
父:ブライアンズタイム
母:マジカルウーマン(母父:パラダイスクリーク)
スポンサーサイト

悪い予感が。。。

2007年09月28日 14:22

悪い予感が的中してしまいました。
愛馬2頭が同じレースに出走という事態に。。。

・ミラクルプリンセス

09/23 助手  栗東坂良(1回)     58.6-41.7-26.9-13.0   末強目追う
09/26 金折  栗東坂良(1回)     53.5-38.6-25.7-13.4   叩き一杯(マリエンベルク馬なりに0.4秒先行0.1秒遅れ)
今週9月30日、阪神・3歳未勝利(芝1600m)に鮫島良太騎手で出走。松元茂樹調教師は「できればあと何本か追い切りを重ねたいところですが、力を出せる状態には仕上がっています。あとは実戦で結果を出してもらうしかありませんので、騎手にも最善の騎乗をしてもらいたいですね」と話していました。



・スープリムゴディス

09/23 助手  栗東坂良(1回)     60.2-43.4-29.0-14.8   馬なり余力
09/27 内田浩 栗東坂良(1回)     56.4-41.8-27.5-13.8   馬なり余力
今週9月30日、阪神・3歳未勝利(芝1600m)に内田浩一騎手で出走。池江泰郎調教師は「このレースに向けて坂路で乗り込んできましたが、正直息遣いがもう一つといった状況です。まだ良くなりそうな余地を残してはいるものの、もう未勝利戦は終わりですので、何とか頑張ってほしいと思います」と話していました。


日曜阪神3Rが愛馬にとって運命をかけたレースとなりそうです。
自分が思ったとおり追いきり本数がやや足りないようですが、もう贅沢は言いません。
2頭とも無事に走りきってもらいたいです。

そう言えば、プリンセスリーマ現役産駒が日曜に勢ぞろいします。
3R未勝利戦にミラクルプリンセス、9R兵庫特別にトロフィーディール、10R元町Sにプリンセスルシータが出走。
これは何かのサインなんでしょうかね?w



一昨日の話ですが、キャロットから封筒が。。。
先日日記にも書いた金子さんの愛馬チョコクランチの記念写真が届きました。
レース写真も同封されていたのですが、私も持ってますからねぇ~。w

昨日からTOPの写真を変えたのですが、この写真の馬アウダーチェ(父:スペシャルウィーク、母:サドーダンサー、兄弟にムーンライトタンゴなど)ですが、この写真のレース3歳未勝利戦のあと脚が腫れてしまったようです。。。
レースでいい走りをしたので、現役続行を踏まえ協議に入るようですがどうなるんでしょう?

愛馬の呪い~ (ノ゜ロ゜)ノ<呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪呪

2007年09月27日 13:37

最近、私とBURUさんが選んだ馬が走らないとの評判がされているようで。。。
まぁ、走らないというか。。。まともに「走れない」ですよねw
3歳世代で見返したかったのですが。。。そうもいかなさそうです。
なかなか、活躍するような馬をみるのも難しいものですね。。。

・タイキエリーゼ

中間、歩様に違和感が見られた為、栗東トレセンへの帰厩がキャンセルとなりました。なお、森秀行調教師より「それほど強い調教を行ったわけではないそうですが、左前脚が熱を伴って腫れてしまったとのことです。残念ですが、すぐに出走させることはできませんので、未勝利戦には間に合わなくなってしまいました」との報告を受け、近日中に関係者と今後について協議に入ることとなりました。なお、9月21日に滋賀県のグリーンウッドトレーニングより栃木県のビクトリーホースランチ那須分場へ移動しています。



先週のガリオエン、タイキロンドに続いて、タイキエリーゼも脚部不安を起こしてしまいました。
まだ、一走しかしてないんですがねぇ~。
これで引退が決定しそうです。

後は良血馬2頭に頑張ってもらいたいのですが、しっかり追いきりをしてる割にはタイムが詰まってこない。。。
これではレースも難しいかも。。。

こんな悲観的になってても仕方ないので、2歳馬の順調そうな馬の近況でも。

・カーラプリマ

屋外直線坂路でハロン17秒のキャンター2本。「この馬なりに順調で質の高いキャンターを見せていますが、まだ体に芯が通っていない感じです。今後は走りのよさと馬体の質が対等になるまで無理をせず、じっくり進めていきたいと思います。馬体重は514キロです」(空港担当者)


・ダンジグウイズウルヴズ05

門別のファンタストクラブ在厩。先週は坂路やトラックにて普通キャンターを消化しています。担当の方は「この中間も18秒ペースでの乗り込みを続けていますが、ここにきて急激に馬が大人っぽくなってきた印象です。スピード感のある良い動きを見せるようになりましたので、タイミングを見てペースを上げていきます」と話していました。


現時点でそこそこ順調にいっているのが、この2頭でしょうかねぇ~。
キャロ馬カーラプリマはもともとあまり体質が強くなかったのですが、徐々に体質が強くなってきてる感じですね。
期待させるコメントも出てるので、個人的にも期待しちゃいます。
大樹馬ウルヴズ05も順調さがようやく出てきた感じですね。
この2頭ともお兄さんは重賞出走しているので、この仔たちもそこまでいってくれるとうれしいんですが。。。

ありえないなー

2007年09月27日 13:06

今日は会社が夜勤なので、昨日の仕事をメチャメチャ遅くまでやってました。(半強制w)
朝は7時半すぎに出社して、会社から開放されたのが次の日の朝4時半です。。。
以前も夜勤で18時間会社にいたことがありましたが、今回はそれを上回る自己新記録w

。。。こんなんで、新記録なんか打ち立てたくないよねw

いくら納期に遅れるとはいえ、こういうことをさせて組合も何も言わないんだから、組合費払ってても意味がないよね~。

あ~、憂鬱。



今日は大樹の特別2歳馬募集で気になる馬がいたので出資しようと思ったんですけど、募集金額が高いので引退予定の馬の特典を使おうと思ったら。。。まだ、抹消の日付が決まってないので使うことができませんだってさ。
もう近況で引退することが決定してる馬なんだから、さっさと抹消しろって。。。
(○`ε´○)プンプン!!

これで、2歳馬に出資することが出来なくなっちゃいました。
仕方ない、1歳馬の余った馬にでも出資するかな。。。

連闘。。。

2007年09月24日 08:23

土曜日に続き、昨日も中山競馬場に行ってきました。
土曜日で重い機材を銀箱に詰め込んで背負っていたせいか、微妙に肩が張ってました。。。歳だなぁ~。
日曜は重いレンズはリュックに入れて重さを分散させたら、楽になりました^^


で、現地に着いたのが土曜と同じ1R開始直前。
1Rのレース写真撮った後に2Rのパドックに行ったら金子バニラさん発見w
愛馬チョコクランチの応援をしてました。
その肝心なチョコクランチですが。。。
チョコクランチ
パドックではややテンションが高かったのですが。。。
チョコクランチ
レースでは見事に逃げ切り最後はやや危なかったですが未勝利脱出を果たしました。
レース後のレクチャーを聞いたところ、この後は放牧に出して今後に備えるとのこと。。。
現状の気性や血統を考えても短い所が合いそうなので短距離路線で進んでいくものと思われます。
金子バニラさんはルミナリエに続いての2歳馬勝ちあがりおめでとうございます^^

5Rの新馬戦ではタカさんの愛馬ライムライトシチーがデビューしました。
パドックの気配はまずまずだったのですが。。。
ライムライトシチー
レースは最後に切れ味を見せて5着入着を果たしました。
レース内容もなかなかいいものがありましたし、パドックの気配を考えれば上積みもありそうで。。。
ライムライトシチー
上がってきた鞍上の武士沢JKも上機嫌の表情でした。
ライムライトシチー
次走は馬券で狙ってみたいですね。

9RはCMでもおなじみレッドビームシチーの登場です。
こちらも金子バニラさんの愛馬なのですが、私もよく馬券を買っている一頭です。
レッドビームシチー
今回は松岡JKとちょっと楽しみな面もあったのですが、レースは内で進んだ分、馬群に囲まれ行き馬を失い9着入線となってしまいました。
レッドビームシチー
具合が良かっただけにちょっと残念な結果となってしまいましたが、敗因もはっきり分かっていることですし、苦手の中山コースだったそうですから府中に変わってまたリベンジを果たしてもらいたいですね。


メインは産経賞オールカマー。
今年の冬のAJCCで実績を挙げているマツリダゴッホが抜けた1番人気でした。
マツリダゴッホ
レースはスズノマーチが逃げそれを人気のサンツェッペリンが追う展開。
マツリダゴッホは中段待機でレースを進めました。
直線に向くとマツリダゴッホが抑えられない手ごたえで上位進出。
マツリダゴッホ
最後の坂で粘るシルクネクサスを捕らえAJCC以来の重賞2勝目を飾りました。
ただ、今回も危なっかしい面もあったのでここが距離的にもギリギリじゃないかなと思ってます。
正直、もうちょっと気性面の成長があるともっと伸びる一頭だと思ってはいるのですが。。。
次走は天皇賞・秋になるとおもうので、コース的にはあまり実績のない府中コースでいいパフォーマンスを見せてもらいたいです。

阪神競馬場では今年から距離が2400mに伸びた神戸新聞杯が行われて、絶好調武豊騎乗のドリームジャーニーが直線ではじけるような切れ味を見せてトライアル制覇をしました。
菊となると距離的には微妙な感もしますが、今回のように克服してくれれば楽しみな一頭となりそうです。



マツリダゴッホ
オールカマー勝ち馬:マツリダゴッホ
美浦・国枝厩舎
父:サンデーサイレンス
母:ペイパーレイン(母父:ベルボライド)

ドリームジャーニー(弥生賞出走時)
神戸新聞杯勝ち馬:ドリームジャーニー
栗東・池江寿厩舎
父:ステイゴールド
母:オリエンタルアート(母父:メジロマックイーン)

なかなか難しい。。。

2007年09月23日 05:49

金曜日の日記のとおり、昨日は中山競馬場に行ってきました。
メインレースもダートの準OPだったこともあり、程よい込み具合w
来週のスプリンターズもこれぐらいだったらと思うのですが。。。

競馬場に着いた時間が1Rの返し馬くらいで何とかタカさんの愛馬ルージュアルダンのレースを見る事ができました。
ルージュアルダン
直前のキャロのコメントでは勝ち負けをすると和田師は言っていたのですが、レースは先団に取り付いてレースを進めるも直線の坂あたりで失速、6着入線となってしまいました。
この中間で放牧に出していたということで次走休み明け2走目で変わり身を期待でしょう!

2Rでは藤沢厩舎の良血馬スパークキャンドルが出走してました。
スパークキャンドル
パドックや返し馬でも落ち着いた雰囲気を見せてはいたのですが、レースではマイネルフェスタエーシンカマンダーとの叩き合いの末3着に終わってしまいました。
スパークキャンドル
詰めが甘い競馬となってしまいましたが、いろんなレースを試して価格相応の強い競馬を見せて欲しいものです。

新馬戦ではダイナアクトレスの仔ベストロケーションが出走しました。
ベストロケーション
父クロフネの特徴がよく出た芦毛の馬体でちょっと小柄な牝馬でしょうか?
ベストロケーション
初めてのレースだからかパドックを回っている最中もキョトンとした顔で物見をしてたのが印象に残ってますね。
まぁ、気性的にも激しくなさそうですし、むしろ賢そうな印象も持ちました。
ベストロケーション
レースは坂下あたりで先頭に立ったのですがゴール直前で2頭にかわされ3着に終ってしまいました。
まぁ、まだまだ上積みはありそうな感じでしたし、次走は勝ちあがれるのでは?と思いますが。。。

写真のほうも坂付近の残り200mあたりで撮影していたのですが、昨日は接戦が多く、なかなか勝ち馬が撮れませんでした^^;
ヒカルダイヤモンド
唯一勝ち馬のレース写真が撮れたのも汐留特別のヒカルダイヤモンドくらい。。。この馬は強かったです。

馬券のほうもキャロの良血馬ルビウスの応援馬券的中をしたものの、
その後はさっぱり。。。
最終レースの牝馬限定500万下で穴っぽい馬3頭の複勝を買ってたら見事に一頭マジックビクトリアが引っかかってくれました。
マジックビクトリア
で、勝ち馬がビリーヴザミラクルで。。。
ビリーヴザミラクル
ビリーヴザミラクルとマジックビクトリアでブートキャンプ繋がりじゃないかとタカさんと話してましたね。。。ビリーさんも来日してるみたいですしねw
(やや厳しいかな^^;)
で、神戸新聞杯もこの流れに沿ってヴィクトリーからいきます。

今日は中山ではオールカマーが行われますね。
昨年はバランスオブゲームが最後の重賞勝ちを収めたレースですが今年はどんな馬が勝つのでしょうか?
昨年のオールカマー勝ち馬バランスオブゲーム
今日も中山に行く方々よろしくお願いします(o*。_。)oペコッ

秋初戦。。。

2007年09月21日 22:35

ようやく、私の秋競馬が始動したって感じでしょうか。。。
今週は3連休なので土日ともに中山へ行ってきます^^

正直、人間関係がものすご~く悪い元の職場に戻って何が楽しみといったら、週末の競馬撮影ですよw
今までBURUさんやなおきさん、タカさんを見てて自分と行きたいなぁ~と指をくわえておりましたw

ということで明日中山に行く方、よろしくお願いします。

3歳未勝利馬ラストランの季節です。

2007年09月20日 20:42

ガリオエン 4戦0勝 牡 美浦・国枝栄厩舎 父 マーケトリー 母 ベサメムーチョ 0420
先週は、やや遅れ気味のスタートより、押しながら進むと、道中は中団を追走する展開から、3、4コーナー中間の勝負処から外目を進出し、最後の直線でもジリジリと伸びてはいるものの及ばず、結果6着での入線となっています。なお、国枝栄調教師より「それほど悪い内容の競馬ではありませんでしたが、上位に来るにはもう一つ力が足りなかった印象です。レース間隔を考えてももう未勝利戦には出られないでしょうし、レース後の馬自身のコンディションもあまり良くありませんので、早目に進退を考えた方が良いと思います」との報告を受け、今後の進退について国枝栄調教師及び関係者と慎重に協議を行なった結果、誠に残念ながら近日中に登録を抹消し、正式に中央競馬現役を引退することとなりました。

予想通りといいましょうか、やはりガリオエンは引退という形になってしまいました。
今回の出走はあまり仕上がって無い状態での出走のように思えたので、管理馬の整理の意味合いもあっての急遽出走だったような気がしてならないです。
その割には6着入着と内容も今まで出走した中で一番良い競馬をしてくれたような気がします。
今後は地方競馬に行くにしろ、乗馬になるにしろ元気でいて欲しいですね。


ミラクルプリンセス 1戦0勝 牝 栗東・松元茂樹厩舎 父 タイキシャトル 母 プリンセスリーマ 0416
09/17 助手  栗東坂良(1回)     62.7-44.9-29.2-14.7   馬なり余力
09/20 金折  栗東坂良(1回)     54.3-39.4-26.2-13.3   末一杯追う
帰厩後は坂路を中心とした調教を消化。松元茂樹調教師は「今週から坂路で入念に乗り出しており、ペースも順調に上げることができています。来週のレースが最後の未勝利戦になりますので、全力を挙げて仕上げていきます」と話していました。なお次走は9月30日、阪神・3歳未勝利(ダ1200m)または同日、阪神・3歳未勝利(芝1600m)が有力。


スープリムゴディス 1戦0勝 牝 栗東・池江泰郎厩舎 父 シアトリカル 母 ヴェイルオブアヴァロン 0427
引き続き、滋賀県のアカデミー牧場にて普通キャンターを消化した後、厩舎馬房の都合がついたことから、9月20日に栗東トレセンへ帰厩しています。池江泰郎調教師は「まだこちらに戻ってきたばかりですが、様子を見る限り問題なく元気です。チャンスはあと1回しかありませんので、来週のレースに向けてしっかり仕上げていきます」と話していました。なお次走は9月30日、阪神・3歳未勝利(芝1600m)を予定。


タイキエリーゼ 1戦0勝 牝 栗東・森秀行厩舎 父 キングオブキングス 母 サブミッション 0401
馬体調整を目的として、9月14日に滋賀県のグリーンウッドトレーニングへ放牧に出ており、移動後は軽目のキャンターでの調整となっています。場長は「まだすぐにレースに使える状態ではないとのことで、馬房の都合で一旦こちらへ移動してきました。ごく短期の滞在で、まもなく帰厩することになっていますので、上手く状態をキープさせたまま送り出したいと思います」と話していました。

いよいよ個人的に期待していた大樹3歳勢もも最後の未勝利戦を迎えてしまいました。 
何とか体を仕上げてもらって未勝利を脱出してもらいたいものですが、この時期にそのことを考えるのもちょっと酷でしょうか?
いいレースをしてくれれば今後も格上挑戦してもらえると思うので、内容の濃いレースを期待しますね。
ちなみにミラクルプリンセスとスープリムゴディスは場合によってはレースがかぶりそうです。。。それだけは勘弁してもらいたいのですが。。。

トライアル。。。ともに強い内容

2007年09月18日 14:56

今週は東西ともに菊花賞TR「セントライト記念」、秋華賞TR「ローズステークス」が行われまして、ともに前評判が高かったロックドゥカンブ、ダイワスカーレットが快勝しました。

セントライト記念のロックドゥカンブは距離延長となる菊花賞も問題ないとの陣営のコメント。
まぁ、個人的には上手くいきすぎたかなぁ~、と思えるレース展開でもうちょっともまれた競馬になったらどうなるんだろうという「楽しみ」もありますがw
菊は案外と2着のゴールデンダリアが面白いかもですね。

ローズSはダイワスカーレットが逃げ切り勝ちと貫禄を見せ付けてくれました。
ベッラレイア騎乗の武は「勝てない相手じゃない」と言っていたそうですが、この内容を見ちゃうとこの2頭にも思いのほか差があるんじゃないかと思います。
伊達に後のダービー馬を破っただけの馬ではありますね。

月曜には札幌でエルムステークスが行われて、メイショウトウコンが快勝してましたね。
まぁ、あまり捻らないで考えたら唯一、古馬のダート重賞勝っている馬ですからこの勝ち方にも疑問は無かったですね。
ロングプライドは最後は伸びてきたものの、2着のマコトスパルビエロにわずかに届かず3着でした。
まぁ、まだ3歳といえばそれまでですが、もうちょっと走ってもおかしく無かったんじゃないかというのが率直な感想です。




ゴールデンダリア(プリンシパルS出走時)
セントライト記念2着馬:ゴールデンダリア
美浦・二ノ宮厩舎
父:フジキセキ
母:ナイストレビアン(母父:ノーザンテースト)


ダイワスカーレット(桜花賞出走時)
ローズS勝ち馬:ダイワスカーレット
栗東:松田国厩舎
父:アグネスタキオン
母:スカーレットブーケ(母父:ノーザンテースト)


メイショウトウコン(フェブラリーS出走時)
エルムS勝ち馬:メイショウトウコン
栗東・安田伊厩舎
父:マヤノトップガン
母:ルナースフィア(母父:ジェイドロバリー)

引退か。。。

2007年09月18日 01:18

ガリオエン 牡3 美浦・国枝栄厩舎 父 マーケトリー 母 ベサメムーチョ
9月16日(日) 中山 3R 3歳未勝利(ダ1200m) 田中博康騎手 結果6着
やや遅れ気味のスタートより、押しながら進むと、道中は中団を追走する展開から、3、4コーナー中間の勝負処から外目を進出し、最後の直線でもジリジリと伸びてはいるものの及ばず、結果6着での入線となっています。田中博康騎手は「前半はついて行くのに苦労したのですが、3コーナーあたりからは良い感じで上がっていけました。最後は前半の位置取りの差が出てしまった形ですので、もう少しスムーズだったらと思うと残念です」と話していました。

今回のレース後の進退についてはまだふれられてませんでした。
帰厩してから調教も1週追ったのみの出走でしたし、もうちょっと仕上がった状態でレースを使って欲しかったのですが。。。
あと、もう1走してくれればそれなりの上積みはありそうなんですがねぇ~。


タイキロンド 牝 美浦・清水美波厩舎 父 アドマイヤベガ 母 タイキハニー 0406
栃木県のビクトリーホースランチ那須分場在厩。中間、歩様に違和感が見られた為、現在は舎飼での管理となっています。なお、担当の方より「入厩直前に強い追い切りをかけたところ、反動から左トモが大きく腫れてしまいました。回復して調教を再開できるようになるまでには時間がかかってしまいますので、未勝利戦に出走させるのは不可能な状況です」との報告を受け、近日中に関係者と今後について協議に入ることとなりました。

先日、坂本厩舎から清水美厩舎の変更をしたタイキロンドですが、このままトレセンに入らずに引退になりそうですね。
この時期で脚が腫れてしまったのは致命傷だと思います。
大切に体を作っていき過ぎた感もありますね。。。
どちらにしろ結果が一緒だったらもうちょっと早めの段階から強めで追って欲しかったのですが。。。
こういうところが現状の大樹のやり方の問題じゃないかと思っているんですが。。。

コリン・マクレー

2007年09月16日 11:46

15日、WRCで過去にスバルラリーチームで活躍したコリン・マクレー選手がヘリコプターで事故を起こし亡くなったそうです。

英文記事は↓
http://uk.news.yahoo.com/skynews/20070915/tuk-mcrae-feared-dead-in-helicopter-cras-45dbed5_1.html

まだ、39歳だったそうで早すぎる死に私もショックを隠しきれません。
90年代前半にスバルのラリーチームで頭角を現してからは速さを売りにいろいろなチームを渡り歩いていました。
数年前には日産チームでパリダカにも挑戦したりといろいろなところで存在感を示していました。

一昨年、オーストラリアラリーでどこのワークスチームにも劣るシュコダで一時2番手を走行するあたりはさすがと思いましたが、あの走りをもう2度と見る事ができないんですね。。。

ご冥福をお祈りいたします。

ここ数日でフォードのグロンホルムの突然の引退表明と併せて私の好きだった選手の残念な知らせが続くのは寂しい限りです。

ラストラン。。。になるのか?

2007年09月16日 11:27

中山3R未勝利戦に登場した愛馬ガリオエンは結局6着に終わってしまいました。
徐々にレースを使うごとにまともな競馬が出来つつあるのですが、今後のことを考えると体質の弱い馬ですし引退濃厚なんじゃないかと思います。
とりあえず、明日の夕方の大樹の報告待ちになりそうですね。

まぁ、この他にもラストラン候補があと4頭いますから、こんな事でクヨクヨしていられません。

今日も夜勤なのでもう寝ます。
オヤスミ♪<(゜ー^)ノ^*・'゜☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜:*:・'゜☆

P.S.
今日も中山は暑そうだねぇ~。
今日記かいてる時でも、ウチのほうで30度超えてるしね~。

ラストランか。。。

2007年09月15日 11:16

今週は大樹の出走想定にものってなかったガリオエンが急遽出走ということで驚きました。
調教タイムを見てもまだまだ平凡なのでここでの出走はどうかと思いますが、今の3歳未勝利戦の厳しい抽選を通ったわけですから頑張ってもらいたいと思います。
ここで負けたらたぶん引退になると思うんでね。。。

現在、札幌は強い雨が降っているみたいですね。
中山は晴れていますが、さっきまでウチのほうで通り雨が降っていたのでひょっとしたら中山のほうでも午後くらいには降るのかなぁ~と。。。
最近の天候は不安定で読めないですねぇ~。

珍しく今日は武豊が中山で乗ってます。
コウユーココロコロに乗りにきたのかな?

タイキロンド

2007年09月12日 02:36

タイキロンド 牝 美浦・清水美波厩舎 父 アドマイヤベガ 母 タイキハニー 0406
栃木県のビクトリーホースランチ那須分場在厩。先週はトラックにて普通キャンターを消化しています。担当の方は「入厩前の仕上げとして、この中間は5Fから67秒の調教を行いました。ゲート練習もきっちりとこなしましたので、良い状態でトレセンへ送り出せると思います」と話していました。なお本馬の出走を最優先に考慮し、坂本勝美調教師及び関係者と協議した結果、預託先を清水美波厩舎へ変更の上、近日中に美浦トレセンへ入厩することとなりました。


今年の3歳勢の中で唯一まだ育成中だったタイキロンドが美浦の坂本厩舎から清水美厩舎に変更になりました。
個人的には清水美先生の印象はいいので良かったなぁ~と思っているのですが、清水美先生の評判ってどうなんでしょうね~?


いよいよ、3歳未勝利戦も佳境にはいってきましたね。
私の3歳愛馬勢もどうやら未勝利最終週あたりに出走が集まりそうです。
この時点で1~2頭は勝ちあがって欲しかったのですがこれも現実。
とりあえずは最後になりそうなレースで全頭頑張って欲しいものです。
まぁ、この土壇場で勝ちあがってくれる馬がいたら、心の中で祭りの気分になっちゃいますけどねw

セントウルS・京成杯AH

2007年09月12日 02:21

セントウルSはアイビスサマーダッシュを制したサンアディユが2着馬に5馬身差をつける圧勝をしました。
一年前は中山開幕週の浦安特別を出走していた馬、そんな馬が一年後GⅡを快勝するのですから、競馬っていうのは面白いものです。

京成杯AHは放牧明けながらも-14kgだったキングストレイルが好位抜け出しで快勝しました。
2着には去年の2着馬でもあるカンファーベストが入って、私が事前に予想していた印が◎-○となりました。
キングストレイルを生で見た事がないので、一度見てみたかったのですが、今週は日曜も出勤となってしまったので見れずじまい。。。
次走はスプリンターズSに向かうとの事なので、現在連勝中の勢いをそのままスプリンターズにつなげてもらいたいものです。


サンアディユ(浦安特別出走時)
セントウルS勝ち馬:サンアディユ
栗東・音無厩舎
父:フレンチデピュティ
母:シェリーザ(母父:カーリアン)

元愛馬

2007年09月09日 01:10

つい先日、BURUさんが元愛馬「ソロソロイクバイ」(マルカール)の話をブログに書いていたので、私も元愛馬の事を。。。
私も初めて大樹RCに出資した世代が現4歳。
その世代に2頭の競走馬に出資しました。
そのうちの一頭が「タイキメルヴェーユ」。
デビューはかなり遅く、春の新潟開催でデビュー。
しかし、馬がまだ成熟されていなかったせいもあったのか使うたびに放牧に出され、3アウト後の9月の最後の未勝利戦でも11着に破れ中央引退となってしまいました。
クラブの引退通告の書面に「今後は地方で。。。」と書いてあったので気にはなっていたのですが、まさか今でも走っているとは思いもしませんでした。
現在は佐賀・河津厩舎に所属、クラスはC1です。
地方競馬の成績は26戦9勝で現在3連勝中ですね。
ただいま絶好調のようで、関東のほうにもし遠征や転厩してきたら応援しに行きたいです。
ここから、また中央に復帰出来ればそれが一番いいと思うのですが。。。ちょっと厳しいかな?

タイキメルヴェーユ
父:タイキブリザード
母:タイキラビリンス(母父:クレヴァートリック)
中央成績:4戦0勝
地方成績:26戦9勝

タイキメルヴェーユの成績↓
http://www2.keiba.go.jp/keibaWeb/PageFlows/HorseMarkInfo/HorseMarkInfoController.jpf?k_lineageLoginNo=2003103466

朝日CC・紫苑S

2007年09月09日 00:45

今日から秋競馬ですね~。
久々に中山に競馬が戻ってまいりました。
その中山での秋華賞トライアル紫苑Sはアルコセニョーラが勝ちました。
開幕週の中山の馬場ですが意外と先行逃げ切りのパターンは少ないようで、このレースもアルコセニョーラは後方待機。
3~4コーナーでマクりながら上がっていき、直線で外から一気に突き抜けました。
2着にも後方待機のラブカーナが馬群を割って突っ込んできました。
ラブカーナのレース振りは結構良かったんじゃないかと思います。
秋華賞はアルコセニョーラよりもラブカーナのほうを評価して馬券買うかもです。

関西のほうは阪神開催。
朝日チャレンジカップGⅢが行われ、インティライミが3歳時京都新聞杯以来の重賞制覇を成し遂げました。
4コーナーからの鋭い切れ味はようやくスランプを脱出したかな?と思わせるようなものでしたね。
走破時計にやや不満が残るものの、上がりのタイムもなかなか良かったですし、ここ最近安定して結果を出しているブライトトゥもローに勝ったのも良かったのではないかと。。。
秋のGⅠ戦線でどこまで通用するか?今後のインティライミにちょっと注目ですかね。。。


アルコセニョーラ(ミモザ賞出走時)
紫苑S勝ち馬:アルコセニョーラ
美浦・畠山厩舎
父:ステイゴールド
母:サイレーン(母父:モガンボ)


インティライミ(AJCC出走時)
朝日CC勝ち馬:インティライミ
栗東・佐々木晶厩舎
父:スペシャルウィーク
母:アンデスレディー(母父:ノーザンテースト)

よく眠れなかった・・・

2007年09月07日 22:47

久々に台風がモロに関東に上陸しましたね~。
おかげで豪雨と強風の音でよく眠れませんでした。(ゝ_ξ) ゴシゴシ
昼間も結構強い雨は降ってたけど、深夜の台風の雨、風は迫力が違うねw
実は0時ごろコンビニに行ったんですが、傘が折れそうになりました^^;



昨日のデジカメの話ですが、上位2社に遅れながらもソニーもα700を発表しましたね。
こちらも1200万画素だそうで、D300に対抗する機種であろうと思います。
このクラスではキャノンもD40を発売したばっかりですが、こちらは値段も安いですしね~、画素数も1000万画素あれば十分と思うので、意外とこの機種が冬のボーナス戦線で有利に立つのではないかと思っています。

自分のカメラは400万画素と高画素と呼べる代物ではないので、1200万画素を早く体験したい気持ちはあるのですが。。。

台風上陸?

2007年09月06日 00:25

どうも、明日の夜に関東に上陸だそうで。。。
なんか、今日の天気も豪雨が降ったり晴れ間が出たりとメチャメチャ不安定でした。
今日記を書いてる合間にも激しい雨が降ってきましたね。

おかげで今日、初回放送だった「ゲームセンターCX」の録画にも影響が。。。
こればっかりは仕方ないのだけれど、何もこんな時にと思ってしまいます。


先日、大樹の今月の会報が来て、その中に今年の1歳馬募集リストが載ってました。
でも、キャロのリストを見てしまうとちょっと見劣りしてしまうような感じですね。。。
今年は何度も言ってますが3歳の特典次第では1歳馬は出資しない方向で。。。
出資しても、1頭くらいかなぁ~。

今年の3歳世代のように散々デビューを遅らせて、最後の未勝利戦で全頭揃うような事をこれからもしていけば、ここらへんの代で見限ることも考えてます。

トレセンの移動制限解除。。。

2007年09月04日 11:00

ようやく制限つきではありますが、トレセンの入退厩の移動制限が今週から解除になりました。
今週はいろんな馬の入退厩がありそうでトレセンも忙しそうですね。

私の愛馬も放牧に出されていた3頭が来週までに帰厩する予定。
(今週はガリオエン、来週はミラクルプリンセス、スープリムゴディス)
栗東・森厩舎で調整を続けているエリーゼも寝違えを起こした後、筋肉注射を打ち、その後は歩様も元に戻ったようで、この最後の未勝利戦にかけるようです。

まだ、もう一頭の残っている美浦・坂本厩舎入厩予定のタイキロンドが馬房の都合が付き次第入厩するとの事。。。
今年の最後の3歳未勝利戦は大樹の5頭がどこまで成績を残してくれるのか。。。

成績によっては2歳の特別募集の馬かあるいは1歳の募集馬に特典で出資したいので、結果が出せなさそうな馬は速めに見切りをつけてもらいたいというのが私の本音ですが。。。

札幌記念他。。。

2007年09月02日 23:36

今日は馬インフルエンザの為に延期になった札幌記念と他、新潟と小倉の2歳ステークスが行われました。
めったに無い1日3重賞でしたが、どこも荒れた感じでなかなか馬券的中するのも難しかったことだと思います。

札幌記念はフサイチパンドラですか。。。
この重賞はホントに牝馬が活躍しますね~。
確かに、前走のレース不利があっての5着も穴馬評論家からは評価が高かった馬だったので、まぁ、してやったりってとこでしょうかねぇ~。
それよりも2着はアグネスアークですが、去年の新馬戦から間が空いているものの今年の初めまでデビュー4連勝した素質馬。
OPに上がってからは調子を崩したようですが、いずれかは上がってくるとは思ってました。
その後はクラスが落ちて準OPになってしまいましたが、今回のGⅡでいきなりの2着、また調子を戻してきたのでしょうか?
今後の活躍にも期待です。

あとは強いて述べるとしたら、新潟2歳Sですか。。。
近年は比較的荒れないイメージがあったのですが、今年は地元イッセー村田がやってくれましたw
16番人気のシャランジュを2着にもってきて波乱を演出、3連単140万馬券が出てしまいました。

ここ最近、競馬SNS「TURF」でひそかに予想の勘を取り戻すべく重賞予想をしているのですが、印はなかなか揃わないものの、徐々に予想の順位は上がってきましたv(*'-^*)bぶいっ♪
turf070902.jpg
まぁ、ただ単に予想して無い人を抜いているだけかもしれませんが、これからも精進して頑張ります!


フサイチパンドラ(日経賞時)
札幌記念勝ち馬・フサイチパンドラ
栗東・白井厩舎
通算成績 17戦4勝
父:サンデーサイレンス
母:ロッタレース(母父:ヌレイエフ)


アグネスアーク(早春S時)
札幌記念2着馬・アグネスアーク
栗東・河内厩舎
通算成績 8戦4勝
父:アグネスタキオン
母:ベルセゾン(母父:ベリフア)

アドマイヤミリオン

2007年09月01日 22:53

今日、小倉9R不知火特別でアドマイヤミリオンという馬が3連勝を果たしました。
実はこの馬、私が去年P-1グランプリで選んでいた馬。
デビューは惜しい2着だったものの、3着に大差をつけていたので、次走は楽勝かと思ったら、その後も2連続2着で3走目で7着に負けた後、放牧に出されていました。
その後は私が追っかけてないうちに放牧明けで未勝利快勝!
その後の500万下でも連勝し、今日のレースに臨んだわけです。
武騎乗のヒシワンスモアが断然の1番人気だったのですが、レースでは見事に退け3連勝!
このウォーエンブレム産駒の連勝はどこまで続くのか?
楽しみになってきましたね^^

ちなみにこの一つ下にあたるファルブラヴ産駒のカーラプリマをキャロで持っているのでその意味でも応援したいと思います。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。