スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャロットC 現役愛馬近況

2012年05月05日 09:24

カルドブレッサ 5/2  NFしがらき
「先週は前が残る競馬で後ろからしっかりといい脚を使ってくれました。敗れたのは残念でしたが、まだまだ伸びしろがあると感じさせる内容でしたし、ジョッキーも良化を感じ取っていましたから、今後が楽しみになりますね。ジョッキーの言うとおり、東京のレースを使うというプランもありましたが、高速馬場を走ったあとですし、年明けから厩舎で調整を続けてきたので、ここはグッと我慢して一度放牧に出すことにしました。ガクッと疲れが出る前にリフレッシュさせることで、さらに良化してくれると思いますよ」(福島助手)2日にNFしがらきへ放牧に出ました。

レックスパレード 5/1  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「歩様を見ていても一時期よりはだいぶ良化が認められますが、まだピッチを上げるという段階ではありません。徐々にではありますが、確実に良くなってる段階ですので、焦らずに進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)

エースドライバー 5/1  NF天栄
周回コースか坂路でハロン17~18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週いっぱいは軽めにとどめましたが、その後症状がぶり返すこともなさそうでした。そのことを踏まえて今週から馬場へ入り出しています。コースを主体にしていますが、今朝は坂路に入れました。まだ速いところをバリバリ乗っているわけではないのですが、普通キャンター程度は乗れていますよ。まだ不安要素が完全になくなったとは言い切れないので引き続き様子を見ていきますが、問題なさそうならば競馬へ向けて進めていきたいですね」(天栄担当者)

ディアデラバンデラ 5/1  NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。「レースの翌日にこちらへ帰ってきました。現在は様子を見ているところですが、レース直後なので疲労を取る意味でもマシン運動のみにしています。今のところこのあとは北海道へ移動させる予定になっていますので、移動までは体調を整えることをメインに取り組んでいくことになるのではないかなと思います」(天栄担当者)

ネクタル 5/1  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後、馬体をチェックして問題のないことを確認しています。短い休養になると思いますので、まずはトレッドミルから動かして今週後半からは騎乗調教を開始する予定です。硬さなども想定の範囲内で大きな問題はありません」(NFしがらき担当者)

マプティット 5/4  武藤厩舎
4日にゲート試験を受けて見事一発合格しました。「昨日までの感触からもう受けられるところまで来てるかな、あとはタイミングだけだなと思っていました。馬場が悪くなっていたから負担を考えて今日受けるべきかどうかを見極めていましたが、馬は大丈夫そうでしたし、上手く相手も見つかりましたから受けてみました。結果は、ほぼ練習どおりで問題なくクリアしてくれましたよ。美浦のキャロット第1号かな。デビューもこのまま順調に迎えられればと思っています。数日は楽をさせてダメージの有無を見てから進めていくつもりです」(武藤師)

ハッピードライブ 5/3  鹿戸雄厩舎
2日、3日はゲート練習中心のメニューを行いました。「天栄に数日置いて体調をより整えてもらってからこちらへ入れさせていただいたのもあってか入厩後もドッと疲れるようなことはなく順調に調教をスタートできています。写真などを見ていただいてもわかるかと思いますが、ちょっと白目の目立つ仔だし、もしかしたら気も強いのかもと思いがちだったのですが、ここ1週間の様子だけで言えば大人しい。お兄ちゃんや元気なタイプでしたが、お姉ちゃんのエフティマイアよりも大人しい印象を持っています。順調なのでさっそくゲート練習も始めていて出ることにも取り掛かっていますよ。まだトコトコと歩くような感じで出ていますが、回を重ねて見についてくればそう時間をかけずに合格までいけそうな手ごたえです」(鹿戸雄師)

コンチェルティーノ 5/1  社台F
屋外直線1000m坂路のダートコースでハロン17秒のキャンター調教を行っています。体にはまだ緩さが残るものの、ここまでじっくりと乗り込み、基礎体力の強化を重視してきたことで体力面に不安は感じられません。ウッドコースで調教していた頃よりも走りのフォームにまとまりが出てきた印象ですし、今後さらに背腰に力が付いてくればもっとスムーズな加速が可能となるでしょう。四肢の踏み出し、蹴り、ともに癖のない馬なので脚元も不安なく進めることができています。

アケルナル 5/1  NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週1回は角馬場でのフラットワーク、週2回は屋外周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒(うち週1回はハロン15秒)のキャンター1本の調教を行っています。トモの緩さが残るなど、まだ馬体に芯が通っていない面は見られますが、その中においても調教で速い時計を出せているように少しずつ体質が強化されていることは間違いありません。父メイショウサムソンもレースを使いながら徐々に力をつけていき、春のクラシックを制したように、アケルナルも父同様にこれからさらなる成長を見せてくれるでしょう。

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。
スポンサーサイト

キャロットC 現役愛馬近況

2012年04月28日 14:10

カルドブレッサ 4/25  吉田厩舎
25日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。このところウッドコースは重めの馬場状態で、時計自体は6ハロン85秒台と目立ったものではありませんが、外を回って相手に1馬身ほど先着と動きは上々でした。長く厩舎で調整してきていますが、テンションが上がるようなこともなく、好調をキープできていますね。いい状態で送り出せそうですし、勝ち負けを期待しています」(吉田師)28日の京都競馬(下鴨S・芝2000m)に福永騎手で出走いたします。

レックスパレード 4/24  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは周回コースと坂路で普通にキャンターを乗っています。歩様自体はだいぶ解れて良くなってきていますが、現状ペースを上げていくには心許ない感じです。蹄に関しては痛みも抜けて問題ありませんから、肩やトモの筋肉をしっかりケアして進めていきます」(NFしがらき担当者)

エースドライバー 4/24  NF天栄
角馬場で軽めの調整を行っています。「全身に蕁麻疹が出てしまったということで先週こちらへ放牧に出てきています。すぐに対処して楽をさせたことが良かったようでこちらに来てからも悪化することはありませんでした。今週に入ってようやく回復してきたように見えますし、100パーセントとは言わないまでも症状はだいぶ和らいできましたので、今朝から乗ることにしました。すぐに速いところへ移行するのはコンディションから難しいでしょうが、少しずつ動かしていきます」(天栄担当者)

ディアデラバンデラ 4/25  角居厩舎
25日は栗東坂路で追い切りました(53秒5-エラー-26秒3-13秒3)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。それほどの時計ではありませんが、併せた相手には先着しており、この馬なりにしっかりと動けていました。ちょっとカリカリしたところがあるので、レースに行ってそのあたりが空回りしなければと思っています。能力は十分足りるはずですし、前々でうまく立ち回れればいい競馬ができると思っています。今は体もふっくら見せていますが、使っていくと減ってしまいがちなので、このあとはいったん放牧に出すことも考えています」(角居師)28日の福島競馬(ひめさゆり賞・芝1800m)に鮫島騎手で出走いたします。

ネクタル 4/25  岡田厩舎
25日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、道中にしっかり我慢させて直線で差し切るといういい内容で勝つことができましたね。レース後は思ったほどダメージはないのですが、番組を見ても目標とするユニコーンSまでこれといった適鞍がありませんし、一度脚元に疲れが出たことも考慮して短期でリフレッシュさせることにしました」(岡田師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

マプティット 4/25  武藤厩舎
25日はゲート練習中心のメニューを行いました。「先週の金曜日に無事入厩しました。馬は元気にしていますし、体調を崩すようなこともありませんでした。ちょっとテンションは高めですが、いい仔ですよ。さっそく調教をスタートしていて、今週からはゲートへも行っています。最初はちょっと敏感な一面を見せて寄りたがらないところがありましたが、何度か繰り返すことで理解してくれたようで無事に入るところまで行ってくれました。駐立もそれほど悪くなかったですね。出ることに関してはまだで、手開けで出ることを教えているところです。焦っても仕方ないですが、まずはゲートをクリアさせることを丁寧に教えながら合格を目指していきます」(大西助手)

ハッピードライブ 4/25  鹿戸雄厩舎
25日に美浦トレセン・鹿戸雄一厩舎へ入厩しました。「少し前に北海道へ行って見てきたのですが、前回見たときよりさらに馬の格好が良くなり、幼児体型だったのが少しずつ大人びたものになりつつありました。もちろんまだ2歳で若さはあるのですが、競走馬らしくなってきましたし、いい感触を持つことができました。いったん天栄へ送ってもらっていたのですが、体調も問題なさそうだったので本日の検疫を取り入厩させています。女の子とですし、まずは初めての環境に慣らすところから始めて、少しずつ進めていきたいと思っています」(鹿戸雄師)

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。

キャロットC 現役愛馬近況

2012年04月20日 16:04

カルドブレッサ 4/19  吉田厩舎
18日、19日は軽めの調整を行いました。「この中間は日曜日にCWコースで併せてサッと時計を出し、水曜日に坂路で終い15秒ぐらいのところを乗っています。今朝は軽めに留め、明日か週末かにまた時計を出す予定です。ここまでは予定どおりの調教を順調にこなしてくれていますし、引き続き雰囲気はいいですよ。中間の気配次第では今週の可能性もゼロではありませんでしたし、念のため特別登録をさせてもらいましたが、当初の狙い通り来週の京都に向かいます。前走を見てもこのクラスを卒業するのにそう時間はかからないだろうという手応えがありますし、しっかりと仕上げて送り出したいと思います」(福島助手)28日の京都競馬(下鴨S・芝2000m)に福永騎手で出走を予定しています。

レックスパレード 4/17  NFしがらき
周回コースで軽めの調整を行っています。「なかなか硬さが抜けてこないので、再度馬体のチェックを行いました。どうも左前脚の蹄が痛むようなので、蹄鉄を外して様子を見ています。大きな問題ではなさそうですが、慎重に蹄を整え、装蹄などでケアをしていきます。馬体重は544キロです」(NFしがらき担当者)

エースドライバー 4/18  NF天栄
18日にNF天栄へ放牧に出ました。「先週末に出た蕁麻疹の経過を観察しているところですが、治療の甲斐もあって発症した当初よりは緩和してきています。ただし、内臓面から疲れが表面上に出ているわけですし、このままごまかしながら進めていっても体力的、精神的に前進するのは難しいでしょう。そう考えるとここはダラダラやるよりしっかりリセットさせてからのほうがよりいい状態で次走へ向かえますから、放牧に出します。本日天栄へ出しましたので、場所が変わることで再度出たりしないかをよく見てもらって、経過を見ながら調整を行ってもらうつもりです」(鹿戸雄師)

ディアデラバンデラ 4/18  角居厩舎
18日は栗東坂路で追い切りました(54秒5-39秒7-25秒7-13秒1)。「気性面はこの馬なりと言ったところで変わらず推移していますし、来週の競馬に向けての調整を進めていますが、コンスタントに使って来ているせいもあるのかいくらか体を細く見せるようになっています。もちろん競馬にへ向かえる状態ではありますが、今回は福島への遠征になりますし、極端に減り過ぎるのは決してプラスではないでしょうから、コースよりも負担が少ない坂路を中心に調整を行っています。馬体を考えて週末は速いところを行わずに、来週にサラッと時計を出すことを考えていますが、レースを使って来ている分それでも十分に態勢は整ってくれると思います」(清山助手)28日の福島競馬(ひめさゆり賞・芝1800m)に鮫島騎手で出走を予定しています。

ネクタル 4/18  岡田厩舎
18日は栗東Pコースで追い切りました。「この中間、ウッドチップにこすれたのかクモズレ(トモ脚の皮膚荒れ)が見られるようになったので、今朝はPコースで併せて追い切りました。馬なり程度ですが、相手を追走して直線馬体を並べてゴールといい内容の追い切りができましたよ。まだ出がけの一歩目などは歩様の硬さを感じますが、プールでしっかり体を解していますし、どこかに異常を感じるということはありません。一頓挫はありましたが、幸い大きなブランクはなく調整を続けられて、思っていたよりも順調なぐらい。前走の内容からはもちろん、能力的にもここはなんとか勝ってもらいたいところです」(岡田師)22日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に岩田騎手で出走いたします。

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。

キャロットC 現役愛馬近況

2012年04月13日 06:57

カルドブレッサ 4/11  吉田厩舎
11日は栗東坂路で追い切りました(52秒5-39秒1-26秒2-13秒6)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。大きく先行した相手を追いかける形だったので、前半から行かせた分最後は時計がかかりましたが、しっかり先着してくれましたからね。4ハロン52秒5という時計もいいですし、好調キープと見ていいでしょう。このクラス2走目になりますし、十分通用することも分かっていますから、しっかりと調整して万全の状態に持っていきたいと思っています」(吉田師)28日の京都競馬(下鴨S・芝2000m)に福永騎手で出走を予定しています。

レックスパレード 4/10  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き馬体を解しつつ、ゆったりと乗り込みを続けています。この馬に長く関わっているスタッフが乗っていますが、まだピッチを上げていくには時期が早いという判断です。無理に進めず、まずは硬さを解消していくことを考えて進めていきます」(NFしがらき担当者)

エースドライバー 4/11  鹿戸雄厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「先週は結果はもうひとつになってしまいましたが、内容はいくらか前進が見られたような気がします。宏司と改めて話をしましたが、ハミを噛んでいるとは言ってもコントロールが難しくなるような引っかかり方をしているわけではなく、その場で力みながら走ってエネルギーを使っているような感じだったとのことでした。ただ、まわりに気を使っていたりしてはいなかったし、発汗もそれほどなかった。終いも少し脚を使えていましたし、ここ最近のレースよりは前進が見られたのではないかなと思います。先週のような競馬を続けて教えていければ道が拓けそうということを宏司も言っていたし、ジョッキーに拘って使った意味もあったと思います。今週の想定を見ると各場とも混雑している状況。ダートへ矛先を向けるのもひとつの手ではあるのでしょうが、可能ならば流れを大事にしたほうがより内容の前進は図りやすいでしょう。もちろんしばらくの間使えないとなると機会を逃すことにもなりますから再考しますが、ハナから芝の選択肢を切るのではなく、芝の可能性を見出せそうな状況で調整をして、それでもダメそうならばダートも含めて検討するという考え方で行かせてください。出馬状況と馬の状態を今週一杯見てからですが、あまりにも長引きそうならば短期放牧に出して次の東京の後半あたりを視野に調整を行うことを考えています」(鹿戸雄師)

ディアデラバンデラ 4/11  角居厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。最後は遅れましたが、相手を大きく追走してのものですし、動き自体は良かったと思います。小回りコースで先行させるような競馬をしながら、走りを覚えていく段階と思って、次走は福島の特別に決まりました。ジョッキーについては何人か候補を絞りましたが、普段から調教に乗ってくれるという条件で鮫島騎手にお願いしました。輸送もあるので、中間はしっかりと体をふっくらさせながら調整を進めていきます」(吉岡助手)28日の福島競馬(ひめさゆり賞・芝1800m)に鮫島騎手で出走を予定しています。

ネクタル 4/11  岡田厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「左前脚の熱感はやはり皮膚の炎症だったようで、すでに腫れも治まっています。出がけの歩様はやや硬さがあるものの、これは元々気をつけていたところですし、問題のない程度。今朝も坂路で64秒ぐらいのところを乗りましたが、前走の前と変わらないいいフットワークでした。これならこのまま次走に向けて進めていっても大丈夫でしょう。今のところ、京都の開幕週を予定しています」(岡田師)22日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に岩田騎手で出走を予定しています。

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。

キャロットC 現役愛馬近況

2012年04月06日 07:51

カルドブレッサ 4/5  吉田厩舎
4日、5日は軽めの調整を行いました。「この中間も順調に調整できており、いい状態をキープしています。今朝は曳き運動のみですが、レースの疲れはなく、馬体にも張りがありますね。使ってきているので、今週までは体調を整えるようなイメージで体を動かして、速い時計は来週から出していくつもりです。東京にも適鞍はありますので登録だけはさせてもらうかもしれませんが、福永騎手を確保できていることもあって、今のところは京都の2000mに向かうつもりです」(吉田師)28日の京都競馬(下鴨S・芝2000m)に福永騎手で出走を予定しています。

レックスパレード 4/3  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に乗り込んでいますが、以前こちらにいた時と比べても歩様の硬さを感じるので、加減しつつゆったりと乗るようにしています。乗りながらの状態を見て、ペースを上げる時期などを検討していくつもりです」(NFしがらき担当者)

エースドライバー 4/4  鹿戸雄厩舎
4日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒1-52秒9-38秒5-12秒7)。「中間の調教で他馬に置かれそうになると気持ちが切れたのか粘りのないような走りを見せたことがありました。そのことを踏まえて今朝の追い切りは3頭併せの真ん中で頭ひとつ出した形で両サイドからプレッシャーを与えてどれだけ頑張れるかを見てみる追い切りにしたんです。今日は調教を手伝ってくれている伊藤工真を乗せて追い切ったのですが、求めていた通りの形で回れたし、動きも良かったですね。粘りも見せていて先々週より先週、先週より今週のほうがいい走りはできていたと思います。今回は出直す意味も込めて入着している時と同じ条件を使ってみますが、自分の走りを何とか見せて欲しい。競馬当日になると落ち着きがなくなり集中力が散漫になって力を出せなくなっていますから、厩舎装鞍をし、少しでも落ち着かせるような形を取って本番へ向かえるようにしたいと思います。体は10キロ前後減っているかもしれませんが、去勢明けです。スッキリは見えるでしょうが、許容範囲のものだと思いますし、これで素軽さが出てくればプラスになるでしょうからね。歯がゆい競馬に終止符を打ってくれるような走りを期待しています」(鹿戸雄師)7日の中山競馬(3歳未勝利・芝1600m)に北村宏騎手で出走いたします。

ディアデラバンデラ 4/5  角居厩舎
4日、5日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、もうひとつ最後の粘りが足りませんでした。本来は脚を溜めれば切れる脚が使える馬なのですが、どうも体が丸まってしまっているというか、まだうまく四肢を使えていない印象です。小倉で勝ち上がっているように、現状は小回りコースで先行させ、自分のペースで走らせるという形がいいのかもしれません。ちょっと体も仕上がりすぎている感じを受けましたので、まずはゆったりさせて体をふっくらさせることに専念したいと思います」(角居師)

ネクタル 4/4  岡田厩舎
「先週のレース後、週明けに左前脚に熱感と腫れがあり、今朝は念のためにエコー検査を行いました。幸い腱などにダメージはなく、軽い打撲か皮膚の炎症ではないかとのことでした。雨で悪くなった馬場を走ったあとだったので非常に心配しましたが、まずはひと安心です。とはいえ、炎症があるのは事実ですし、無理せず今週一杯は運動など軽いメニューで様子を見て、脚元の状態次第で続戦するか放牧に出すか決めたいと思います」(岡田師)

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。

キャロットC 現役愛馬近況

2012年03月29日 23:00

カルドブレッサ 3/28  吉田厩舎
28日は軽めの調整を行いました。「先週はスローペースになることは分かっていたので、前々で競馬をしてほしいと言っていたのですが、これまで後ろから進めているだけにすんなりとは前につけられなかったようです。ただ、このクラスでもすぐ勝ち負けになると分かりましたし、昇級戦としては合格と言える内容でしたね。レース後も特にダメージは感じられませんし、このまま次走を目指したいと思います。4月後半の東京、京都に適鞍がありますから、じっくりと調整していきます」(吉田師)4月22日の東京競馬(府中S・芝2000m)、4月28日の京都競馬(下鴨S・芝2000m)あたりを視野に入れています。

レックスパレード 3/27  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、周回コースと坂路でキャンター調整を行っています。乗り込みを進めても硬さが取れてこないので、角馬場でしっかりと体を解すようにしています。歩様の硬さは元々のものですが、やはりレースの疲れはあるのでしょうから、ケアを怠らずに動かしていきます」(NFしがらき担当者)

エースドライバー 3/28  鹿戸雄厩舎
28日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒4-53秒6-39秒8-13秒6)。「順調ですね。先週はまだいくらかモコモコした感もあるかなと思っていましたが、最初の段階だったので問題ありませんでした。その後もじっくり乗り進めてきて今朝追い切りを行ったわけですが、負荷をかけた分だけ動きに良化を感じることができましたね。スマートステージと併せたのですが、体を併せてからも喰らいついていましたし、フットワークも上々。ペースが上がってくると頭が高くなりがちなのは相変わらずなのですが、それは怯んでいるというより背腰が弱いのでどうしても重心が上がりがちなのだと思います。こればかりはケアをするほかどうしようもありませんが、普段の様子も含めて変な癖を見せず落ち着いて何事にも取り組めているのでいい雰囲気のなかで日々を送れていると思います。この調子でいければ近いうちに態勢が整うと思いますので、順調ならば来週のマイル戦を改めて考えるつもりです。宏司には上手く調整がつけば金曜日あたりに跨ってもらっていいイメージを養ってもらおうと考えているところです」(鹿戸雄師)4月7日の中山競馬(3歳未勝利・芝1600m)に北村宏騎手で出走を予定しています。

ディアデラバンデラ 3/28  角居厩舎
28日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで追い切りました。併せ馬でしたが、こちらが先行して最後まで抜かせない形。後ろからつつかれていたので、だいぶ真面目に走れていましたよ。ただ、やっぱり普段はまだチャカチャカしていて子供っぽい。相手関係を考えて中山に向かうプランもありますが、現状は長距離輸送するより、なるべく落ち着いた精神状態でレースに臨んだ方が良さそうですから、阪神のアザレア賞を本線に考えています。荒削りでまだ覚えていかなくてはいけないことも多いのですが、それもこの馬の魅力のひとつ。能力の芽を摘まないよう、レースを経験させながら成長していってくれればと思っているんです」(清山助手)31日の阪神競馬(アザレア賞・芝2400m)に藤岡佑騎手で出走いたします。

ネクタル 3/28  岡田厩舎
28日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。追ってからの反応がいくらか鈍く見えたのですが、このあたりは休み明けということもあると思います。ただ、乗っているスタッフによると、併せた相手の後ろでしっかり折り合いをつけて、加速してからはいい走りだったと言っていましたので、このひと追いで変わってきてくれるでしょう。長めからしっかりやれたことはプラスですし、順調に仕上がっているのは間違いないので、昇級戦でも楽しみですよ」(岡田師)4月1日の阪神競馬(3歳500万下・ダ1800m)に岩田騎手で出走します。

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。

キャロットC 現役愛馬近況

2012年03月22日 10:48

カルドブレッサ 3/21  吉田厩舎
21日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで追い切りました。7ハロンの長めからの追い切りでしたが、時計は6ハロン79秒台、終いも12秒台前半。これでも目一杯という感じではないですし、うちの厩舎で6ハロン80秒を切るというのは破格です。体調もいいですし、本当に充実していますね。今の状態なら昇級戦でも胸を張って送り出せますよ」(吉田師)25日の中山競馬(常総S・芝2000m)に田辺騎手で出走を予定しています。

レックスパレード 3/21  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も引き続き周回コースと坂路で軽いキャンター調整を行っています。やや歩様に硬さは感じますが、これはいつものことでもありますし、しっかりとケアをして馬の状態を見ながら進めていきます。馬体重は539キロです」(NFしがらき担当者)

エースドライバー 3/21  鹿戸雄厩舎
21日は美浦南Wコースで追い切りました(67秒9-52秒6-39秒0-12秒9)。「先週帰ってきたときはちょっとソワソワする素振りが目立ちましたが、そのあとに変なうるささを見せることはありませんでした。お休み前もそうでしたが、普段は特別うるさいわけではないんですけれどね。ただ、何かあったときにバタバタしやすいし、繊細な部分を持ち合わせているのは今でも変わりないのでしょうから、変化をよく見ながら接するようにしています。調教は順調にスタートできていて、今朝はウッドチップコースに入れて長めから追い切りを行いました。実質最初の追い切りでしたが、それほど悪くない動き。2頭併せでも極端に隣の馬を気にするような素振りはなかったようだし、まずまずの雰囲気の中で調整ができています。この調子ならば2~3週ほどで競馬へ向かえる態勢は整ってくるかなと思っています。詳細についてはもう少し進めてから詰めるつもりですが、ダートが非常にいいというわけでもないような印象もしますから、改めて芝も含めて検討していきます」(鹿戸雄師)

ディアデラバンデラ 3/22  角居厩舎
21日、22日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、競馬場についてちょっとチャカチャカしたり子供っぽいところを見せていたものの、レースではまずまず上手に走れていました。まだ心身のバランスが整っていない部分があり、力を出し切れてはいませんが、そのあたりは使いつつ成長していってもらいたいところです。レース後も特にダメージはなく、馬は元気いっぱいです。このまま問題がないようなら、来週の競馬も視野に入れていきたいと思っています」(清山助手)31日の阪神競馬(アザレア賞・芝2400m)もしくは同日の中山競馬(山吹賞・芝2200m)に出走を予定しています。

ネクタル 3/21  岡田厩舎
21日は栗東坂路で追い切りました(53秒7-39秒3-26秒0-13秒2)。「先週木曜に帰厩し、週末にいはCWコースで15-15程度の時計を出しています。来週にダート1800mの番組があるので、そこを目標にして今朝は坂路で強め程度に追い切りました。余力を残した状態でこの時計ですから、ここまでは順調そのものですね。初戦を使う前と比べると馬がシャキッとしているし、脚元の不安もありません。速いところに行くといいバネを感じるのは、この血統の良さですね。放牧先で好調だったのは見ていましたし、週末、来週とやればいい仕上がりで臨めると思います」(岡田師)4月1日の阪神競馬(3歳500万下・ダ1800m)に岩田騎手で出走を予定しています。

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。

今週出走のカルドブレッサは非常に具合が良いようです。
昇級戦でメンバーも強力になりますが勢いで連勝・・・なんてしてもらえたら最高ですね。
レックスパレードはリフレッシュするまでに時間が掛かりそうです。
エースドライバーは帰厩したとはいえ態勢を整えるまでにちょっと時間が掛かりそうな感じ・・・こちらは精神的な問題も抱えていますし、焦らず調整を進めて欲しいですね。
ネクタルは来週の条件戦に岩田JKを確保して出走予定。岡田師のコメントもいいですし、次に繋がるレースをしてもらいたいです。

キャロットC 2歳愛馬近況

2012年03月17日 02:16

コンチェルティーノ 3/15  社台F
馬体重:481kg 

屋外直線1000m坂路のダートコースでハロン18秒のキャンター調教を行っています。これまで乗り進めてきたウッドコースと異なり、ダートコースは砂が深く、力を要するコースなのでハロンペースは遅くなっていますが、より高い負荷をかけることができています。まだ入り始めということもあり、力を要する馬場に手こずって終いが甘くなってしまいますが、他の2歳馬も同じ状況なので何ら心配は要りません。今が一番苦しい時期ですが、今後も負荷を高めることで体幹から鍛えていきます。

ハッピードライブ 3/15  NF空港
馬体重:464kg 

現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~18秒で2本駆け上がっており、残りの3日は角馬場でのフラットワークと1000m周回コースでのスローキャンター調整を併用して進めています。さらに調教ペースを上げていますが、疲れを見せることはなく体調面に不安はありません。馬体面も継続した乗り込みのおかげで、要所に筋肉が付いてきており、競走馬らしい体型へと変貌してきました。乗り味は姉のエフティマイアに酷似しており、母の仔を知り尽くした育成厩舎に在籍しているというのも心強い限りです。気性面も落ち着いており、騎乗運動を行う上において難儀することは一切ありません。

アケルナル 3/15  NF早来
馬体重:484kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週1回は角馬場でのフラットワーク、週2回は屋外周回コースでハロン18秒のキャンター2000m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。乗り味の良さに比例するようにいいキャンターを見せており、ここにトモの成長が加われば一段と良い走りになってくると思います。随所に良さを見せる馬ですが、まだ成長途上ということもありますので焦らずにじっくりと調教を行っていきます。

※愛馬近況情報はキャロットクラブより転載許可を得ております。

2歳馬は3頭とも順調な感じですね。
現状の状態を次回の近況でも維持してもらいたいですね。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。